<< 中古自動車買取の専業店 main くるまの値打と >>
マイカー買取の場合
2016-06-25-Sat

中古車販売のガリバーは最低ですよね?そろそろ乗っている車の寿命も尽きそうであ... より引用

中古車販売のガリバーは最低ですよね?そろそろ乗っている車の寿命も尽きそうである。 捨てるのは簡単であるが「一体いくらで売れるものか?」ということで、「ガリバー」へ。 査定結果は思ったとおりの「ボロ 値」で捨ててれば?って感じだった。まぁ当然だろうなぁ(予想していたよ) しかしまぁ~中古車査定に一時間も要するガリバーは酷い。あんなもの所定のチェックだけですぐに査定なんてでるだろうよ。分け分からない無いセールスが来て「お求めの車はありますか?」とシツコイ。そりゃ欲しい車はあるので「○○年式の○○。走行距離は2万キロ以下。色はブラック」と伝えると早速検索。心の中で(バーカ、あるわけネーヨ。俺だってそれを探して1年間・・やっと見つけたなんだぜ。これからその店に行く途中でガリバーに寄っただけなんだよ)と思いながら結果を待つ。 が・・やっぱり無かった。だろうなと思った。全国展開だか何だか知らないけど、俺の欲しい車はそう簡単に見つかるものじゃない。無料査定という名目で客を呼び込み適当な車種を勧めて買わそうという魂胆がミエミエでした。現物も無い状況で買える訳もないし、査定の根拠も何も説明が無いと時点で「ここはイカサマなんだな」と思った。 さて・・帰るか・・・ということで表に出る。 査定の為に私の車を他の場所に勝手に移動して行ったらしいが、これがまた妙に狭い場所に置いてあった。普通、出易い場所に置いておくものだろう。早速、帰ろうとすると、セールスさんが誘導している。なにせバックをしないと出られないような場所に勝手に移動されているうえ、バックの距離も長くなっている。新手の嫌がらせですか? あ~なんでこんな場所に停めるんだ!と思ってバック開始。 誘導もあったので気軽にバックしてハンドルを切ると 「ドッカーン!」という音が背後から響く。 「ん?なんだ?」と思って車を降りて確認するとなんと・・・ 鉄柱に車の進入センサーが付いた場所に激突!なんじゃこりゃ?と思っていたらセールスマンが 「いや~これセンサー利いてなかったんですよぉ」と言う。 なんだ最初から壊れていたのか~と思って車に挟まったセンサーをやっとこさと、外した。 で・・・セールスマンが言うには 「これ弁償になりますね~」ということ。 「(゜Д゜) ハア??」と思った。 確かにぶつけたのは私。でも何の為の誘導だったのか?それに初めから作動していないセンサーの工事費をなんで私が全額弁償しなけりゃならんのか?それじゃまるで「この際だからこの事故にかこつけて新品に換えよう」というみたいですな。それにこっちの車はバンパーが若干曲がり、テールランプも割れ思いっきり傷物。…(続きを読む)

引用元:中古車販売のガリバーは最低ですよね?そろそろ乗っている車の寿命も尽きそうであ...


マイカー買取の場合は問題が起こるケースも多く、インターネットと実際の査定で額面が極端にちがうというのはとうに普通ですね。買い取りが成立したアトで何かと難癖をつけることでカットされることもいっつもの事です。クルマの売却が済んだのに料金が振り込まれないこともある。高額見積りを標榜する悪徳業者には用心して頂戴ね。マイカー売却の一斉評価は、サイト上で幾つかの業者に一挙に見積を手配する事が出来るプランです。それぞれに鑑定をオーダーするとなると、長い時間を求められますが、このような一斉申し込みを選ぶと、時間をかけずに何ヶ所もの買い取り店に申し込み可能です。使えばとてもおトクなので、愛車売却の際はぜひやってみましょう。クルマ査定について言うと、やはりどの専門店に依頼するかが何よりもポイントとなっています。なにしろ査定額とは、いずれに出しても一緒というものじゃないからです。逆に、場合によっては桁ちがいな開きがある事も、さほどよくあるようです。沿ういう事情が挙げられますので、一番高値をつけてくれる買い取りショップを探さないとダメだと言うことです。「けれどもどうしたら?」という場合、有難いのが一括査定WEBページです。利用すれば、4~5社より一気に査定額を出指せることが可能となっています。現代ではインターネットなしの生活はありえません。このようにインターネット環境がいたる所に広まった結果、くるま査定は以前と大きく様変わりしています。よりカンタンにそして時間をかけずともよくなってきています。このことは査定サイトが存在するからです。そのページを訪れ評価を高くしてくれるショップを見つけ、そのアトはそのお店に現物鑑定を頼むようにします。ここまで手軽ですから、手間暇かけていられない、というようなユーザーでも後悔しないお店選びや、審査がうけられるのです。PCはもちろん、今ではケータイでも使えるので、場所も選びません。

ブログ - -
| |